ワーママ転職できるかな

働き方の最適解を求めてさまようワーママの記録

手に職を:RPA技術者はエンジニアなのかオペレーターなのか

数年前、PRA女子1期生なるものを受講しまして。2か月ほどのeラーニングで最終試験に合格すると、その後はRPA女子としてお仕事紹介を受けられるというもの。3期あたりでNHKに取り上げられたとかで応募が一気に増えたらしいです。 eラーニングを受けての所感と、今後のPRA技術者の将来性についてのメモ。

PRA女子のレベル感

RPAはよくExcelマクロ(VBA)を引き合いに出しての説明が多いですが、どちらかというと、Accessのクエリやマクロ(notVBA)のほうが近いです。コーディング(プログラミング)しないで、GUIでアイコンを配置して、そのアイコンのプロパティにパラメーターを設定する、といった感じ。

1期と2期の受講者アンケートがあり、1期ではある程度開発経験がある人が半分くらいなのに対し、2期では一気に未経験者が70%以上に。(アンケートはリンク切れ)

現在はRPA以外にもAIやWebマーケなども。 We.MAIA platform|目指したい自分がココで見つかる

1期では所定の期間内に最終試験に合格したのは約40%でした。 Slackのやり取りを見ていると講習テキストも単なるマニュアルに近いものなので、理論やソフトのクセ的なことを理解してから進みたい人はこれだけでは難しい。テキスト以上に調べたいときは英語のユーザマニュアルを直接調べるしか手段がない。(Google Apps Scriptの仕様を直接Googleのサイトに確認、ExcelVBAをMicrosoftのサイトに確認しにいくようなもの) 多少でもマクロの経験ある者は特に問題なく課題をこなせるが、やはり細かいpreferenceの説明はテキスト上にはないので、本家の英語のpreferenceと格闘しながら設定を進める感じ。

自身は10~20代に開発経験あり、ExcelやAccessはVBA使える。スキル的にはとくに問題もなく最終課題まで合格。ただし、英語のマニュアルと格闘してたのでそこで時間を費やしてしまった。

テキストまわりのダメダメさは相当言ったので、今後は内容がアップデートされていっているものと思いたい。(どうなったんだろう)

1期は現役SEやPMOとか割とガチ勢が多かったのに対し、2期以降は裾野が広がってきたように見える。最終試験合格率はこちらも40%。受講平均時間も82時間と1期と同じで、これを見る限りは2期の受講者は変なところに躓かずにクリアできたのかなと。

PRAって言ってもやっぱり向き不向きあるよ

というのが今回受講して思ったこと。働き方改革とか、在宅でできる仕事とか、育児介護しながらでもできる仕事とか言ってるが、やはり向き不向きはある。

例えば、Wordpressでアフィリエイトして副業!っていうのも、レンタルサーバ借りてWordpress入れるとかできなければレンタルブログでお茶を濁すしかないし、Google検索やドメインの仕組みを知らなければ検索上位にもならない。

そういった意味では、プログラミングそのものというより、フローチャートとかアルゴリズムというか、概念的なことを理解できないとオーダー通りにロボットを作ってもその先には進めないのではないかと。

ということで、一番手っ取り早い適性の確認方法を私なりに考えてみたら、Accessでクエリが作れるか、もしくはExcelVBAができるか、(パズルが好きか)。

PRAの場合、クラウドのシステム連携が多いけど、いくつかのサイトのクロールを繰り返してcsv出力するとか、csvを会計システムにインポートとか、やることは結局VBAと似てて。コーディングはしないけど、そのへんの仕組みを知っていると理解が圧倒的に早い。 Accessのクエリに至っては、Accessをさわり始めた人がまず挫折するところ。PRAでやるwebのクロールは、裏にあるデータベースからフロントエンド(web画面)を介して情報を拾ってくることなので、Accessでなくてもデータベースの仕組みをある程度でも知っていることは大事なこと。

RPAはプログラミングをしない分、Webの概念や仕組みの理解が必要

あと大事なのはwebの知識。webクロールするとHTMLの仕様でうまくクロールできないことが多くて、そのサイトのHTML(CSS)を解読して、どこにフォーカスするかを決める。そのためには最低限のHTMLの知識も必然的に必要になる。

じゃあ実際に案件はあるのか?

一応このRPA女子も卒業生限定で仕事紹介はあるものの。。。でお察しいただけたら。

RPA自体のベースはロボットを作るというタスク的な仕事なので、一番多いのはやはり派遣になるでしょうか。例えばパソナ。 これを最初に書いた当時、2019年3月時点では、時給1600~3000円の案件。時給の開きも、保守~開発~コンサルまで多岐にわたります。これはシステム開発と同じで、設計・要件定義・コンサルができれば単価が上がっていく仕組み。

そして、2020年10月現在時給1400~2010円、この日PRAで検索できる案件は3件。

www.pasona.co.jp

RPAは手段であって目的ではない

これはRPAで在宅の仕事ができないかと思っている人たちと、RPAを導入すればバラ色の業務改善が待っている!と思っている企業に対して。

受託側はRPA以外に売れるモノやスキルがないと結局はオペレータ止まり。単価は上がらない。なんならOA事務と同じくらいになるかも。今後、拡大に伴い単価は上昇するという意見が多いものの、本当にそうなっていくのかは未知数です。 →2020年10月現在単価が上がっている様子はなし。

rpahack.com

委託側は、マクロ誰もできない問題が昔あったにも関わらず、RPA社内にできる人いない問題が発生して同じことになるんじゃないかなーと。友人の会社でも、結局ランニングコストがそれなりにかかるので、RPA導入は断念したとか。

開発経験がない人でも単価を上げることができるのか?

わかりやすい単価の上げ方は開発経験かコンサル経験かですが、現場を誰よりも知っていて業務改善や創意工夫が好きな人であればを可能性は大いにあるのではないかと。 経理をやっていた人、労務をやっていた人、営業事務や貿易事務など、一般的にはバックオフィスとか事務職と呼ばれる部署で働いていて、業務改善の経験があればすんなり入りやすいですが、「ここはもっとこうしたらいいのに」と思って自分でてきることはどうにかしようとしていた人ならそこを出発点として、相手から「こうしたい」を上手く引き出せるのではないかと。

結局はやらずしてなんとかだと思うので、気になってみたらチャレンジしてみよう。ただし、事前の情報収集は怠らないように。

*過去noteに書いたものを移設しました。