ワーママ転職できるかな

働き方の最適解を求めてさまようワーママの記録

働く母、ワーキングマザーのロールモデルという幻想

ロールモデルって見つける必要があるのかなって話。

結婚・出産してもそのまま働き続ける女性が年々増えていて、世の中のフリーランス志向や働き方改革もあって、時間的な制約があっても従事できる仕事が増えてきているのも追い風となりつつあります。

けれど、メディアでインタビューされたりイベントで登壇するような女性は、ストーリーがあって華々しいキャリアがほとんどで。それぞれ素敵な女性ばかりで憧れるけれど、その人たちみたいになりたいかと言われたらどれだけの人がYESと答えるか? 彼女たちなりに紆余曲折はあるだろうけど、多くは有名企業であったり、昇進していたり、家族が協力的だったりで、そのうちのひとつでも自分が手に入れられるかと考えるとなかなか難しい。

ロールモデルはアイドル(偶像)

若手向けのキャリア系イベントをみると、多くはロールモデルを見つけよう、いたほうがいいよという内容で、ロールモデルとしてとても魅力的で優秀な女性が多く登壇しています。将来のことをなかなか想像しにくい今、理想・目標としたくなる人が目の前に、身近な存在としているのはリアリティという意味で適任だと思う。 しかし現実は全然違って。自分の周りで見渡してみてもそんな人皆無で。ライフスタイルにあわせて仕事をペースを落としたいと思っても正社員で働いている限りは時短がいいところ。だったら退職…なんてしようものならブランクは次の転職でマイナスになってしまう。全員がフルスロットルで働ける訳ではないから、ロールモデルは身近でも何でもないアイドルなのではないかと疑ってしまう。

ママ友は知り合い以上友人未満、会社の同僚と思えば付き合いも楽

子どもができると独身の友人とは疎遠になりがちになるのは、出産して価値観が変わるという要素も大きい。自分一番友人二番、もしくは友人一番自分二番(あ、彼氏夫忘れた)だったのが首位陥落するわけだから、友人としては気分良くないだろうし、誘っても「行く行く!」とはならずに子ども見てくれる人がいたら…なんて言っていつまでも日程決まらなかったらそりゃ疎遠になるのも仕方がない。 価値観が変わるってことは優先順位が変わることでもあって、価値観が合わなければ疎遠になるのは悲しいけれど自然なことではある。

逆に子どもがいるとママ友とは付かず離れずの関係を築くことになる。「ママ友は友達か?」なんて論争が小町あたりで繰り広げられているけれど、会社の同僚「知り合い以上友人未満」と思えば付き合いも楽だし。「あの頃大変だったね~」なんて戦友みたいな話をすることもある。まさに同僚。勘違いされたくないのは、「距離をおいて付き合え」ではなく、「自分にとって心地よい、適度な距離感を掴む」ことが重要ではないかと。ママ友ももちろん仲良くなって友人になるのは全然ありで。とはいえ何十人のママ友と濃い付き合いはできないので心構えとしての「同僚」ってことでいるといいのではないかと思います。

遠くのロールモデルより近くの友人

独身時代に同僚でつかず離れずだった友人が同じ男の子の親ということでサシでご飯に行くとかなんてことも出てきます。価値観が変わるってすごいね。価値観が合うってすごいね。 共通項が多いだけじゃんなんて言われそうだけど、共感は大事。でも、共感だけじゃなくてノウハウもたくさんある。

同じことで悩んでも人それぞれの解決方法を聞いてみたり、実際に乗り越えた話を聞くと、自分に置き換えて実際にできることだと俄然モチベーションが上がる。ロールモデルも実際なんだけど実現可能性という意味ではやはり遠い。仕事を辞めずになんとかするのが前提というか、ライフスタイルにあわせて仕事を変えることがもっと当たり前になってほしいし、それを受容できる世の中であってほしい。だからアイドルなロールモデルはやっぱりアイドルで。近くにいていつでも話せる友人たちが自分にとっての本当のロールモデルなんだと思っている。

*過去noteに書いたものを移設しました。